近年、軽量盛土(FCB工法)や流動化処理土による埋戻し工法の採用が増えてきています。軟弱地盤上の沈下低減・地すべり地山での加重軽減・構造物への土圧低減・埋戻しが困難な箇所への埋戻しや圧密沈下防止・地盤改良や液状化対策など用途も拡がってきています。

泥土粒状固化工法
シンプル&コンパクトなプラント(特許工法)で高品位な処理を実現!
泥土粒状固化工法は、建設汚泥及び建設発生土に固化材と高分子凝集剤を添加して改質するシステムです。大変シンプルでコンパクトでありながら、高い処理能力を誇る移動式粒状固化プラントです。特殊連続ミキサーは移動翼と攪拌翼からなり、泥土と2種類の固化材を20~50秒間攪拌・混練しながら搬送します。この過程で処理土を効率良く粉砕・分散することにより、粒状固化処理を連続的に可能にし、且つ高い均質性と処理能力の向上を図ったシステムです。

特 徴

  1. 多様な固化材(石炭灰・製紙スラッジ焼却灰を利用した弱アルカリタイプ、中性及び中性化タイプ)で資源の有効活用と、多様な性状の泥土に対応ができます。
  2. 要求品質に対応し安定した品質の改質土(第2~4種処理土相当)を提供できます。
  3. 改質土は土質環境基準を満足し、土質材料として安全で、改質に伴う副産物を発生しません。
  4. 改質土は粒状を呈し、取り扱いが容易であり再泥化しません。⑤特殊連続ミキサーにより処理プラントの小型化と処理能力の向上を両立し、コストの縮減を図っています。
適 用 範 囲
    ●建設汚泥(産業廃棄物)
  1. 地盤改良工事排泥
  2. SMW工事排泥
  3. アンカー工事排泥
  4. 基礎杭工事排泥
  5. 泥土圧シールド工事排泥
  6. 推進工事排泥
  7. ため池<
    ●浚渫土砂
  1. 港湾、河川
  2. 湖沼
  3. ダム
    ●災害発生後の堆積汚泥
  1. 河川氾濫に伴う流出泥土
  2. 地震発生に伴う河道閉塞堆積泥土
施 工 手 順
 
建設汚泥・泥土
 
 
泥土処理ピット
泥土処理ピット
調    泥
フロー値測定・固化材添加量選定
配合試験
泥土投入
高分子凝集剤投入

特殊連続ミキサーで混練

固化材投入

特殊連続ミキサーで混練
ベルトコンベアで搬出
改質土ピットに仮置
搬出


※左記の施工手順をクリックすると画像が表示します。
固化材の選定
多種多様な性状の汚泥・泥土を確実に要求品質に改質するため、数種類の固化材を用意しています。
最適な固化材を選定し、建設汚泥・泥土に広範囲に渡り対応できます。
プラント配置図と機械構成
 ・ユニット型改質プラント(泥土処理ピットA)
  プラント配置図と主な機械構成
 

             ・・・・PDFファイル

 ・セパレート型改質プラント(泥土処理ピットB)
  プラント配置図・・・PDFファイル
  主な機械構成・・・・PDFファイル


Copyright(c) 2012 エースコン工業株式会社. ALL RIGHTS RESERVED.