近年、軽量盛土(FCB工法)や流動化処理土による埋戻し工法の採用が増えてきています。軟弱地盤上の沈下低減・地すべり地山での加重軽減・構造物への土圧低減・埋戻しが困難な箇所への埋戻しや圧密沈下防止・地盤改良や液状化対策など用途も拡がってきています。

可塑性グラウト
トンネル構造物のメンテナンスに有効な手段の1つとして、可塑性グラウト材の裏込め注入工法があります。
また、河川・港湾構造物と地盤の境界面や密閉された管内、廃坑などの水と接する部分の空洞充填にも適しています。
JETMS工法
Copyright(c) 2012 エースコン工業株式会社. ALL RIGHTS RESERVED.