近年、軽量盛土(FCB工法)や流動化処理土による埋戻し工法の採用が増えてきています。軟弱地盤上の沈下低減・地すべり地山での加重軽減・構造物への土圧低減・埋戻しが困難な箇所への埋戻しや圧密沈下防止・地盤改良や液状化対策など用途も拡がってきています。

エアモルタル現場混練方式
経済性・耐久性・施工性等に優れたエアモルタルを大量に施工したい。弊社では、エースサンド工法の数多くの実績をもとにエアモルタルとして対応可能な配合精度が得られるユニットとして、モービルSAM-400型を開発、種々の改良を加え実用化しました。材料計量供給装置を備え、セメント・砂・水・気泡をスクリューミキサーに連続投入・混練することにより、エアモルタルを効率的に施工できます。
  施工フロー
  セメント      
   
計量供給装置付
エアモルタル用
プラントで
連続混練
 
ポンプ圧送
 
起泡剤    
 
圧縮空気
 
気泡  
PHOTO
使用機械一覧
機械名 機種
容量,能力 所要電力 台数 重量
ポンプ スクィーズ式 55~60m/h
(W2,190×D7,400×H 2,750mm)
- 1 8.95t
気泡発生装置 ACE-Ⅲ型 25 m/h
(W 750×D 750×H 900mm
1.5KW 1 1.4t
空気圧縮機 DPS-70SS-B1 2m/min - 1 0.45t
流量計 流量・圧力記録式 流量 2レンジ切替式
圧力 30kg/cm
0.11KW 1 -
発動発電機 - 125KVA - 1 1.06t
水槽 - 20m - 1 -
圧送管 耐圧ゴムホース
及び配管
20kg/cm
2インチ及び4インチ
- 1 -
ホイールローダ - 0.4 m
29PS/rpm 1 -
エアモルタルプラント SAM-400型 24 m/h 68.9KW 1 -
ベルトコンベアー 砂ホッパー付 8m、2m各1 1.5KW×2 - -
水中ポンプ - 吐出量0.25m/min
揚程12m
2.2KW 1 -
セメントサイロ   30t 15.4KW 1  
主な機械構成と配置図 … PDFファイル
エアモルタル(現場プラント方式)機械構成とプラント配置図


Copyright(c) 2012 エースコン工業株式会社. ALL RIGHTS RESERVED.